名古屋市千種区 100%天然クレイ・アロマテラピー使用のオールハンドエステサロンシーズンアロマラボ

  • Q&A
  • 初めての方
  • ご予約
052-715-7851

お知らせ

シーズンアロマラボで施術にクレイを入れる理由について

2010年の6月10日に
自宅サロンをオープンしてもうすぐ11年になります。



昨年の10周年もコロナ禍でひっそりとの開催になりましたが
今年もひっそりとご来店のお客様に楽しんでいただく
ちょっとした企画を考え中です。


さて、サロンのお客様は皆さま本当に「クレイファン」が多いんです!



色々なメニューを決めたりする際も真っ先にクレイをどう使うかを考えます(笑)


改めて、当店でクレイを施術のほとんどのメニューに入れている理由について
今一度まとめてみますね



私がクレイテラピーと出会ったのはかれこれ12年前になります
アロマテラピーインストラクターの資格取得の勉強をしていた時です

講座の中にクレイフットバスと、フェイシャルクレイパックの実習があって
イエローイライトのクレイフットバスで壁にもたれかかって寝落ちし
フェイスクレイパックを持ち帰り
自宅のお風呂で初めて試して
終わった後、お風呂の電球を変えたのかしら?と思うくらい
浴室が明るく感じるくらい目の疲れがとれて、眼の前がすっきりしました



そんなこんなで自宅サロンの頃から
フェイシャルにもボディにもクレイを入れるのが当たり前
施術でも使うし、家庭でも自分や子供達に
お薬を使う前に、病院に行く前に
応急処置として使ってきました






学べば学ぶほどクレイは奥が深く

私達現代に生きる人間は
様々な科学的なものに囲まれて暮らしています
気を付けて避けられるものもあるし
避けられないものもありますよね



先ずは溜め込んだものをお掃除する必要があるという考えに気づきをもらい

そしてクレイをお客様に施術し
その結果を感じたり、感想をいただくことによって
また

自分で感じたり
子供たちの反応で
その答え合わせを何度も何度も繰り返すことができて
今では自信を持って
クレイを施術に入れることができています



◎どうしてこの工程のこの順番で入れるかも自信を持って
◎お客様の肌質によってどのクレイがいいか
◎ボディではどの部位にどうクレイをのせるべきかも自信を持って

スタッフからも
「〇〇さんなんですが、前回こんな感じでしたが、今日はクレイどうしたらいいですか?」
「ホワイトを混ぜる方がいいですか?」
的な質問が多いです

お客様のことを考えて
少しでも不調やトラブルがあれば
1回の施術で改善していただきたいと
お客様のことを考えてオーダーメイドしています




奥が深いですが
そのよさを通ってくださるお客様は感じていただいてると思っています

毎回クレイを増量される方や
毎回デコルテたっぷりクレイパックのオプションをつけられたり

ありがたいです。

クレイは何でできているか?

クレイの主成分はシリカ(二酸化ケイ素)です。
これに各色によって各種ミネラルが入っています。



ミネラルの種類によって作用の違いがあったり
体感が違ったりします。

シリカはコラーゲンの構成要素で、エラスチン、ヒアルロン酸、コンドロイチンを作ったり強化したりします。
シリカは皮膚(真皮層)に多く含まれて、コラーゲン、エラスチンヒアルロン酸などを結び付けて
肌のハリや弾力を維持し、潤いを保ってくれます。
骨や関節にも必要で、軟骨の生成を促し関節を錆びつかせない、血管の弾力を保つ役割をしています。

また、マイナスイオンに帯電しているシリカはプラスに帯電している重金属を引き付けて
道ずれにしながら体の外へ排出してくれる働きがあります

クレイフットバス後のクレイには匂いが付いたり、重金属が出たりします


普段の生活で知らないうちに溜め込んでいる
▲有害物質
▲電磁波
▲大気汚染物質
▲添加物
▲化学物質
▲活性酸素
▲農薬

それらを
癒されながらデトックスできて
コラーゲン生成を促したり
紫外線への防御力をつけてくれたり

クレイは正に現代社会のデトックス、あく抜きに最適アイテムです
綺麗にお掃除した後、精油や化粧品の有効成分がお肌の方へ入りやすくなり
メンタル的にも溜め込んだものをデトックスして、自分をニュートラルな状態に戻してくれるのです

しっかり学んで
トリートメントをオリジナルに組み立て
のべ1万人以上に施術を行ってきたからこそ
結果が出る形で施術に組み込むことが出来ています



機械は使わず
オールハンドにしかできない
リラクゼーションを大切にしつつ
デトックスを大切にしたトリートメントに
欠かせないのが「クレイテラピー」です

これからも益々お客様やお客様の周りの方たちを健康に美しく歳を重ねられるよう
お手伝いをさせていただきます

2021.05.26

  • ブログ
  • 直営オンラインショップ
  • LINE@
    • Instagram
    • Facebook
    ページトップ